東大阪市 I様邸

施工箇所

外壁塗装・屋根カバー工法・横樋・竪樋・シーリング

シャッターBOX・ベランダトップ塗り替え防水

使用材料

壁・リファインMF-IR1000 色8078ウイザードコッパー1F

             色8113トゥルーホワイト 2F

屋根・アイジールーフ スーパーガルテクト 色:シェイドモスグリーン

付帯部・フッソUVコート 色:ダークブロンズ

 

塗装をする前に高圧洗浄機を使って、高い水圧で、汚れやホコリ、カビやコケ、藻、塗膜表面のチョーキング

(触ると手に付着する粉状のもの)、剥がれかけた塗膜などを落としていきます。

そし

外壁の壁には!

エポパワーシーラーで下塗り後、ホワイトフィラーⅡで下塗りを2回塗りをして、下地調整をしっかり整えてから

超低汚染リファイン1000MF-IRで中塗りをします。

この塗料は汚れが付きにくく、防カビ性・防藻性、弾力性、遮熱性がある多機能塗料となっており、美観性を長く保ちたい方にお勧めしております。

 

付帯部の塗装に使う塗料に関しては、フッソUVコート溶剤を標準で塗らさせていただいております。

 

屋根や外壁の塗替えを考えている方なら一度は「フッ素塗料」という名前を聞いた事があるのではないでしょうか。
他の塗料に比べて価格が高価だけど、いったいなにがいいの?

フッ素塗料は、蛍石を原料としたフッ素を配合した塗料のことです。

「非粘着性(汚れを弾く)」「耐薬品性(酸性雨に強い)」「低摩擦性(汚れが滑り落ちやすい)」「耐候性(紫外線に強い)」という特徴があり、紫外線で破壊を受けにくく耐久年数は約15年~20年弱(スタンダードなシリコン塗料で10年程度)と長期間きれいな外観を保つことが出来る塗料です。

耐久性が非常にある為、短期スパンでの塗替えが難しい大型施設などにも使用され、東京スカイスリーもフッ素塗料によって施工されています。

ですが、フッ素塗料は塗料の中でも高価な部類の塗料です。価格は一般的なシリコン塗料のおよそ1,5倍~2倍程になります。

 

    

施工前                   施工後

今回の屋根は、スーパーガルテクトでカバー工法をさせて頂きました。   

スーパーガルテクトは従来の金属屋根材よりも引き立たせるためにちぢみ塗装を採用しています。立体的な凹凸感を持つことで見る角度によっても若干色が違うように感じます。高い断熱性能・高耐久なガルバリウム鋼板によって、快適に安全な住宅に蘇りました。 

 

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

見積時 30,000
プレゼント! クーポン